良質でありつづけること 「歯科医療を通じて世の中に貢献する」 この信念に基づいて私たちは歩み続けています。

学術の歩み(history)


ハーマンズでは、日本を含め世界各国から、臨床の最前線で活躍する講師を招き、講演会・実習会を行ってきました。こちらでは、過去に開催させていただきましたセミナーをご紹介させていただきます。
開催日 講師 内容
09/10/10-11
09/11/14-15
10/1/16-17
岡田隆夫先生 岡田隆夫先生 インプラント3ヶ月コース
(リーガロイヤルホテル大阪/デンタルプロステーション)

第1回目 講義/デモ/実習
インプラントを成功に導くための知識
上下顎への通常埋入、上顎と下顎との差、注意点
難症例を成功に導くための知識とデモ&実習
上顎結節へのアプローチ
骨の少ない症例へのアプローチ、骨移植症例の注意点


第2回目 講義/ライブサージェリー
ライブ患者の説明、麻酔医からの説明、全身管理
ライブ:上顎3-3 抜歯即時埋入
ライブでの疑問点・質疑応答
ライブ解説(ライブビデオを見ながら)
難症例を成功に導く為の知識

第3回目 ライブサージェリー/講義/デモ/実習
ライブ 上顎2-3 抜歯即時埋入
ライブでの疑問点・質疑応答
ライブ解説(ビデオを見ながら)
インプラントサージェリーにおいてのスタッフリレーション
インプラントのティッシュマネージメント
アフターフォロー、メインテナンス
スタッフリレーション、医院経営
患者教育、コンサルティング
2009.05.23  Dr.D.Garber

山﨑長郎先生
岡田隆夫先生

寺内吉継先生
皆川仁先生
Chairside Open Meeting
Chairside2009 オープンミーティング

Dr.Garber
インプラント審美の発展 
~Evolving Implant Esthetics…

Options…Limitations…Solutions…~

山﨑長郎先生
審美修復の新たな展開

岡田隆夫先生
イミディエートインプラントを審美的に成功させるには

寺内吉継先生
難症例克服のポイント

皆川仁先生
インプラント成功の為のヘキサゴンガイドライン

[会場]
恵比寿 Garden Room

[主催]
株式会社ハーマンズ

[共催]
株式会社サクセスソサエティ
2008.10.29 Dr.S.Kratchman
&Dr.Y.Terauchi
oint Seminar
Dr.Kratchman & Dr.Terauchi
Dr.S.Kratchman&Dr.Y.Terauchi JOINT SEMINAR

Part I
A brief introduction to treatment planning a surgery versus conventional retreatment, and the surgical instruments we need to do the procedures.

Part II
Surgical technique from flap elevation to osteotomy, apical preparation and ultrasonic retropreparation, followed by MTA root end filling

Part III
latest ideas with bone grafting and membrane materials and if time a few Intentional Replantation cases

[会場]
 TRIUMPHセミナールーム(恵比寿) 
08/09/20-21
08/10/25-26
08/11/29-30 
岡田隆夫先生 
岡田隆夫先生
岡田隆夫先生 インプラント3ヶ月コース
(リーガロイヤルホテル大阪/デンタルプロステーション)


第1回目 講義/デモ/実習
インプラントを成功に導くための知識
上下顎への通常埋入、上顎と下顎との差、注意点
難症例を成功に導くための知識とデモ&実習
上顎結節へのアプローチ
骨の少ない症例へのアプローチ、骨移植症例の注意点
v
第2回目 講義/ライブデモ
ライブオペ患者の説明、麻酔医からの説明
ライブ:上顎前歯抜歯即時埋入
ライブ:上顎右側、下顎左側臼歯部抜歯即時埋入
講義/デモ:抜歯即時負荷はどこまで出来るか?
v
第3回目 講義/デモ/実習
インプラントのティッシュマネージメント
切開、縫合、グラフト
インプラント補綴での注意点
審美領域での抜歯即時埋入
アフターフォロー、メインテナンス
スタッフリレーション、医院経営
患者教育、コンサルティング
08/07/05-06
08/09/06-07
08/10/04-05 
筒井照子先生
中条伸哉先生 
筒井照子先生 中条伸哉先生
筒井包括歯科臨床 東京3ヶ月コース
(Ebis303/SPAZIO1)


第1回目 咬合療法(講演・ME機器デモ)
生理学的咬合論、補綴学的咬合論
咬合療法における5大禁忌
最適な下顎位、資料の収集と診査診断
咀嚼運動を加味した咬合面形態について
インストラクターによるケースプレゼンテーション
ME機器の活用方法、リラックスタッピング

第2回目 歯周外科(講演・デモ・ライブビデオ・実習)
切開・縫合、全層弁・部分層弁+Distal Wedge
再生療法・形成外科、GBR、GTR、エムドゲイン
遊離歯肉移植術
歯槽提形成外科、根面被覆術

第3回目 形成・印象/咬合療法
形成・印象講義、筒井昌秀先生ライブビデオによる解説
カービングの練習、HITによるインレーの印象
咬合療法-咬合治癒への道
咬合療法の流れ・咬合再構築の流れと治療
スプリント療法、メインテナンス
2008.06.28/29  筒井昌秀
メモリアル講演会 
筒井昌秀先生
Masahide Tsutsui Memorial


[演者&モデレーター]
Dr.Morton Amsterdam

[演者]
筒井照子先生、中条伸哉先生、上田秀朗先生
夏堀礼二先生、岡田隆夫先生、富田祐介先生
Dr.Kyeng An Joe

[会場]
JAホール
2008.01.20  寺内吉継先生 
寺内吉継先生
見てない間に・・・

   ここまで進化を遂げていた歯内療法 
自費歯内療法のススメ
(SPAZIO2)
2007~  寺内吉継先生 
寺内吉継先生
マイクロスコープを使用した米国式根管治療ハンズオンコース

(2007年は新宿DHA ⇒ 2008年より原宿デンタルオフィスにて)


・ベーシック
◆Access Cavity
適切な天蓋除去
根管位置の法則・見つけ方
超音波でのAccess Cavity
エンド三角の除去

◆根管形成・洗浄
クラウンダウン法による根管形成
NiTiファイルの特徴・使用方法
洗浄剤の解説と使用方法

◆根管充填
システムB・オブチュラⅡを使用した加圧充填
MTAセメントの解説

・アドバンス
◆レッジ根管の修正
レッジ修正のためのインスツルメントの使用方法
トレーニングブロック、抜去歯を使用した実習

◆破折ファイル除去
ファイル破折のメカニズム
オリジナルインスツルメントを用いた破折ファイル除去
トレーニングブロック、抜去歯を使用した実習
◆根管治療を自由診療に導くには(講演)
2007.01.14  寺内吉継先生 
寺内吉継先生
CTと顕微鏡の視点から斬る最新歯内療法(SPAZIO2)
2006.10.14  Dr.Morton Amsterdam 
Dr.Morton Amsterdam
Periodontal Prosthesis ; A 50-Year Perspective

            (Yokohama Intercontinental Hotel
2006.10.08/09  Mr.Willi Geller 
Willi Geller
Creation ZI

ジルコニア陶材のデモと実習&ポーセレンラミネートのデモ

                            (SPAZIO1)

 ・ジルコニア陶材<Creation ZI>を使用した

                 3本ブリッジの多色築盛




共催:(有)ファクト
2005.12.11  Dr.Ueli Grunder
筒井昌秀先生 
Dr.Ueli Grunder & 筒井昌秀先生
Implant Dentistry:最新のトレンドとマテリアル(JAホール)

Dr.Ueli Grunder
◆何が、審美的な結果に役立つか?
・即時インプラントの審美的なリスクとベネフィットを明示する
・難しい術式を成し遂げる多くの外科的テクニックの詳細
・インプラント周囲骨形態を維持するプラットフォームスウィッチ
 ングコンセプト
・アバットメントとコアマテリアルとしてのジルコニアセラミックの
 利用
・インプラント審美修復
・ジルコニアセラミックレストレーション
・インプラント埋入時の骨増大
・インプラント周囲軟組織の増大などはビデオ映像で解説

筒井昌秀先生
◆支台歯およびインプラント周囲の
           Emergence Profileを再考する 
2005
05.27/28/29 
筒井昌秀先生 
筒井昌秀先生
筒井昌秀先生 東京インプラントアドバンスコース
                      (六本木ヒルズ)

◆香月武先生による口腔外科手術概論
 ・滅菌消毒
 ・バイタルサイン
 ・外科手術器材
 ・手術時手洗いとガウンテクニック
 ・採血及び静脈確保
 ・豚下顎を使用した骨採取
◆筒井昌秀先生によるインプラント各論
 ・模型を使用したインプラント埋入→ライブビデオと実習
 ・豚の下顎を使用した形成外科(GBRを含む)→ライブビデオと
  実習
 ・口腔内ライブビデオによる説明(埋入・補綴操作)
 ・診断 日立CBマーキュリーによる断層CTの説明
 ・プロビジョナル
 ・印象 
2005.03.27  Dr.Morton Amsterdam 
Dr.Morton Amsterdam
Morton Amsterdam の歯周補綴学 東京1日コース
                      (SPAZIO2)

歯周補綴の長期経過報告と歯周補綴後の長期的なメインテナ
ンス中に生じる問題点やそのことに対するインプラントや再生
療法を含む柔軟な対応、長期的な視点に立った包括的な診
査・診断の重要性 
日本初コース
2004.10.10/11 
Dr.Ronald E.Goldstein 
Dr.Ronald E.Goldstein
Bonding Restoration-lecture
   hands-on and demonstration  (六本木ヒルズ)

《講演・実習・ライブデモ カリキュラム》
・審美的診査診断と治療計画の立案-難症例と易しい症例
・ボンディング、ラミネート、クラウンの選択
・スマイルラインの変化が与える顔貌への影響
・コスメティック・カントゥアリングテクニックによるイリュージョン
 の付与
・シェードはマッチングを狙うか?特別なシェードを付与する
 か?
・充填における適切な形成
・レイヤリングの臨床的手段とボンディングにおける特別な効果
・審美的な結果を得るための簡易的な仕上げテクニック
・ボンディングレストレーションにおけるメインテナンスと修復テ
 クニック
・患者へのアピール 
2004.04.17/18  Dr.David A.Garber
Dr.Andre P.Saadoun
筒井昌秀先生 
Garber & Saadoun & Tsutsui
Advanced Esthetic Implant 2004(JAホール)

・Dr.David A Garber
 クラウン・ブリッジそしてインプラント

・Dr.Andre P Saadoun
 エステティックゾーンにおける単独歯インプラント

・筒井昌秀先生
 包括的視点に立ったインプラント補綴

【モデレータ】
榎本紘昭先生 佐藤直志先生 
2003.04.12/13  Dr.Ueli Grunder 
Dr.Ueli Grunder
Advanced Esthetic Implant Dentistry(JAホール)
     ~インプラント治療における審美性~

-適応症 すべての治療可能性の中の最良の選択
-抜歯と歯間乳頭温存の為のプロビジョナルのデザイン
-インプラントの植立位置と傾きが最終的な結果に与える影響
-最適の治療計画
-簡単なものから難しいもの、さらに複雑な条件下でのインプ
 ラント外科
-インプラントとGBRテクニックのコンビネーション
-インプラント植立に先行する骨増大術
-軟組織のマネージメント:上皮下結合組織移植、インレー
 グラフト、ロールフラップ・テクニック
-二次外科時の処置:補綴物の圧力による歯間乳頭の再建
-結合組織移植と組み合わせた二次外科時の処置
-インプラント間の歯間乳頭の再構築の仕方
-補綴段階での軟組織のマネージメント
-軟組織の長期的安定
-インプラント補綴における異なる素材の使用
-インプラント補綴におけるCAD-CAMの応用
-抜歯とインプラント埋入の時期
-単独歯の即時インプラントとプロビジョナル
-フルアーチリコンストラクションにおける即時インプラントと
 即時の負荷(immediate loading)

【モデレーター】
佐藤直志先生
【講演者】
筒井昌秀先生
 包括的視点に立ったインプラント補綴
  1.トップダウントリートメントのあり方
  2.顎口腔機能とインプラント
  3.インプラントと周囲組織のマネージメント
  4.インプラント審美補綴の要件
  5.メインテナンスにおけるリカバリーとインプラント
岡田隆夫先生
  インプラント治療-自らの統計からわかる事と審美的配慮
茂野啓示先生
  審美修復治療を行う為の総合的な治療計画の立案とインプ
  ラント治療との接点
小濱忠一先生
  補綴主導型インプラント審美治療-治療計画、外科そして
  補綴的対応との関係 
2002.10.21/22  Mr.Willi Geller 
Willi Geller
Creation陶材のデモと実習&ポーセレンラミネートのデモ
                            (EBIS303) 
2002.10.19  Dr.Morton Amsterdam
Dr.Arnord S.Weisgold 
Amsterdam & Weisgold
Periodontal Prosthesis ; A 50-Year Perspective
              (Yokohama Intercontinental Hotel) 
2002.06.29/30  Dr.David A.Garber
 
Dr.D Garber
日米の臨床最前線
審美修復におけるインターディシプリナリーアプローチ
                     (JAホール:大手町)

【演者】:Dr.David A.Garber
【モデレーター】:山﨑長郎先生/佐藤直志先生
《インプラント+歯周形成外科+修復・補綴+矯正》
 ◆ The Esthetic Restoration ?!
   ・ Crown contour and emergence profile
 ◆ The Esthetic Restoration ?!
   ・ Soft tissue management
   ・ Preservation of alveolar bone
   ・ Papilla regeneration

【モデレータ:Dr.David A.Garber】
【講演者】
・筒井昌秀先生
  最良の結果を得るための
     インターディシプリナリー・アプローチⅠ
  (骨膜の処理/審美性を兼ね備えた
           メインテナンスのしやすさの追求)
  最良の結果を得るための
     インターディシプリナリー・アプローチⅡ
  (機能的な形態に裏付けられた審美性の実現)
・茂野啓示先生
  審美修復治療のための
     Dento-gingival Complexへのアプローチ
  (歯肉退縮への対応)
・小濱忠一先生
  インプラント審美修復における治療概念とその対応
  (アバットメント周囲の審美的考察) 
1999.11.03
1999.11.07 
Dr.Morton Amsterdam 
Dr.Morton Amsterdam
歯周・矯正・インプラント・補綴
   (11/03 : ホテルニューオータニ福岡)
   (11/07 : 渋谷FORUM8)

・長期症例の患者を、近代新しい治療法(インプラント・
 ボーングラフト・GTR・GBR等を含む)を生かした再治療
 の為の、再診査・診断
・歯周補綴的概念を取り入れたインプラント療法
・歯周補綴における歯牙移動の重要性
・歯周補綴における咬合の役割、咬合治療の問題と機能的
 咬合の確立
・長期症例から考察する慢性疾患と特殊性
・歯周補綴症例の50年にわたる長期経過が考察する審査・
 診断・治療計画・メインテナンスの重要性 
1999~2006  筒井昌秀先生
 筒井照子先生 
筒井昌秀先生 & 筒井照子先生
包括歯科診療東京5ヶ月間コース
               (ザ・フォーラム/EBIS303)
・咬合療法(講演とデモ)
・歯周外科(デモと実習)
・補綴/形成/印象(デモと実習)
・TMJ/咬合調整(講演とデモ)
 
1999
10.09/10/11 
Mr.Naoki Aiba 
Mr.Naoki Aiba
99 相羽直樹 3days 特別講演&実習会
 ~Creation上顎中切歯単冠2本ハーフポンティック実習~
           (講演会:新宿住友ビル 実習会:IDA駒沢)
【講演】
◆支台歯形成
◆印象
◆暫間補綴物
◆リダクション・コーピング
◆自然歯観察
◆模型
◆シェードテイク
◆審美コミュニケーション
◆口腔内写真
◆ポーセレン

【デモ内容】
・シェードテイク
・口腔内写真撮影
・模型撮影(講演用・原稿執筆用)
・各種症例に必要となるスライドの選択 
1998.11.07/08  Mr.Willi Geller 
Willi Geller
Creation3本ブリッジ実習コース(IDA駒沢) 
1998.08.02  Mr.Naoki Aiba 
Mr.Naoki Aiba
Creation単冠デモと講演(IDA駒沢) 
1998.04.24  Dr.Arnold S.Weisgold 
Dr.Arnold Weisgold
インプラント補綴とソフトティッシュマネージメント
                     (渋谷FORUM8) 
1997.09.27/28  Mr.Willi Geller 
Willi Geller
Creation3本ブリッジ実習コース(IDA駒沢) 
日本初講演
1997.03.29/30 
Dr.Henry Salama 
Dr.Henry Salama
審美性と歯周(Peri-Implant)を考慮したインプラント補綴
                   (日本歯科大・九段ホール)

1.インプラント補綴の結果から反省点
 骨形態の3次元的評価、軟組織の問題点、補綴時の注意
 事項など
2.成功の鍵
 インプラント補綴における治療法のオプションと検討内
 容、歯周-審美-補綴の調和の為の要件、歯周補綴とイン
 プラント補綴、インプラントのバイオメカニクスなど
3.骨形態の重要性とその増生法
 抜歯窩の種々の取扱方法、GBR法、骨移植法など
4.軟組織の審美的形態とその確立法
 歯肉の誘導再生法など
5.審美的インプラント補綴
 アバットメント、プロビジョナル、軟組織形態、補綴物のカン
 ツァーなど
6.トピックス
 イミディエート・ローディングとインプラント補綴、GTR法に
 関する最新情報とその臨床術式、矯正治療時の固定源と
 してのインプラント活用法など 
1996
11.02/03/04 
Williams H.McHorris 
Dr.Williams H.McHorris
臨床咬合論(東條会館)
臨床咬合論アドバンス(ハーマンズオーラルデザインセンター)

・臨床咬合論
・補綴臨床にまつわる咬合の問題と対策
・顎関節症治療の基本概念と臨床術式
・臨床咬合論からみた様々な臨床テクニックの紹介
・臨床咬合論アドバンス
・咬合の役割とフルマウス・リハビリテーション
・補綴難症例と咬合治療術式
・3500症例の顎関節症からみた治療術式の全容 
1996.05.23-26  Dr.Ned B.Van Roekel
& Dan E.Tolman 
Van Roekel & Tolman
オッセオインテグレーションセミナー
             (ハーマンズオーラルデザインセンター)

・コース概略示説
・部分欠損症例の外科
・治療計画とインプラント補綴成功の鍵
・上下顎の外科手術ビデオ
・下顎臼歯部外科(実習)
・部分欠損の症例選択
・咬合応力の分散
・上顎臼歯部外科(実習)
・上部構造のデザインの原則
・部分欠損症例の外科手術示説
・固定制可撤式上部構造の補綴示説
・下顎臼歯部の10年経過報告
・審美的インプラントについて 
1996.04.06  Dr.Pat.E.Allen 
Dr.Pat E.Allen
Plastic and Reconstructive Periodontal Surgery
                     (ザ・フォーラム)

1.歯肉退縮症例とプラスティック・サージェリー
2.歯周組織のリコンストラクション・サージェリー
3.歯槽堤増大術
4.ビデオ放映による臨床示説 
1995.10.29  Dr.E.B.Hancock 
Dr.E.B.Hancock
歯周病患者の診断、予後判定と治療計画、
         審美を回復する為の歯周外科手術
             (ハーマンズオーラルデザインセンター)

1.歯周病患者の診断、予後判定と治療計画
2.審美を回復する為の歯周外科手術 
1995
10.07/08/09 
Dr.Morton Amsterdam 
Dr.Morton Amsterdam
歯周・矯正・インプラント・補綴 
  ~最新の歯周治療の概念とその予知性について~
                  (日本歯科大・九段ホール)
●歯周補綴へのアプローチとコンセプト
●歯周病と咬合性外傷の接点
●咬合の役割と咬合治療の問題点
●歯周組織の治療術式の現況とその評価
●組織再生誘導法の現況と将来展望
●最近の歯周治療の考え方と術式
●不正咬合の矯正処置における配慮事項
●歯周補綴症例の40年にわたる長期経過報告
■ペリオドンタルプラスティックサージェリー
■歯周再生療法(G.T.R)
■オッセオインテグレーテッドインプラントの現在
■オッセオインテグレーテッドインプラントが歯周補綴にはたす
 役割について 
日本初講演
1995.07.01/02 
Dr.John C.Kois 
Dr.John C.Kois
歯周組織と補綴処置の接点
   ~審美的な歯肉と補綴物をつくるための臨床術式~
                  (日本歯科大・九段ホール)
◆歯周と補綴の処置に不可欠な生物学的及び解剖学的な
 配慮事項
◆審美的歯肉の確立法
◆支台歯形成と印象採得に関する機能的及び生物学的背景
◆歯肉縁部分の病態と補綴物のマージン
◆旧補綴物による歯周組織のダメージとそのリカバリーのため
 の臨床術式
◆歯周外科処置と補綴治療
◆矯正治療による生物学的幅の再構築 
1995~現在  小田中康裕先生 
小田中康裕さん
1995~:クリエーション2dayコース
     ~臨床スライドを用いての実践コース~
    ・ポーセレンの解説と「考え方・認識」
    ・オペーク、ショルダー、デモと実習
    ・スライド講義
    ・ボディデモと実習
    ・形態修正の講義
    ・追加築盛デモと実習
    ・最終研磨
1998 :クリエーション2dayコース
 |  ・前歯3本ブリッジアドバンスコース
2001
2002 :バーレン・オーラル・デザインコース
 |               (主催:(有)ファクト)
現在     
1994.11.26/27  Dr.Dennis P.Tarnow 
Dr.D P.Tarnow
歯周・補綴・インプラント(日本歯科大・九段ホール)

A:審美性を考慮した歯周と補綴の術式
B:オッセオインテグレーテッドインプラントとその補綴の
  現況および最近の考え方 
1994.07.16/17  Dr.Gerard J.Chiche 
Dr.Gerard J.Chiche
歯周を考慮した審美補綴~予知性の高い審美を求めて~
                    (日本歯科大・九段ホール)
Ⅰ:審美補綴の治療計画
Ⅱ:審美的分析と診断-失敗から学ぶ審美障害とその回避法
Ⅲ:歯周組織のマネージメントとコントロール-効果的な
  歯周処置法の選択
Ⅳ:前歯と口元の美-前歯の配列と形態に対する配慮
Ⅴ:シェードの合理的な採得法
Ⅵ:最近の支台歯形成とインスツルメンテーション
Ⅶ:プロビジョナル・レストレーションの問題点とその解決法
Ⅷ:歯肉のマネージメントと印象採得
Ⅸ:試適、仮着、セメンテーションに関するいくつかの問題点と
  対策
Ⅹ:前歯部セラミッククラウンの10年の経過観察 
1994.05.14/15
1994.05.21/22 
Dr.Bernard Levin 
Bernard Levin
総義歯印象の実習と講演(ザ・フォーラム神田) 
1993.10.04/05  Mr.Willi Geller 
Willi Geller
Creation3本ブリッジ実習コース(IDA渋谷) 
1993.07.04  Dr.Ned B.Van Roekel 
Dr.Van Roekel
予知性の高いインプラント補綴法(金沢市文化ホール)
Ⅰ:症例の選択(成功への鍵)
Ⅱ:補綴の治療計画
Ⅲ:咬合の課題
Ⅳ:メインテナンス
Ⅴ:失敗例と対策 
1993.05.29/30  Dr.Bernard Levin 
Dr.Bernard Levin
総義歯印象の実習と講演(ザ・フォーラム神田)

・総義歯印象・スライドによるレクチャー
・4人1組で患者を診断し、印象実習後印象評価

・Dr.Levinによるデモ患者2名
 ※ワックストライアルデンチャーを用いて、ワックスフランジ
  テクニックで患者デモ
 ※ビスコジェルを使用し、機能的なボーダーの取り方 
1992~2001  月岡利英先生 
月岡利英さん
1992~:Willi Geller メイクインテクニックを用いた
     クリエーション&サプライズポーセレン実習1dayコース
     ・クリエーション3本ブリッジコース
      口腔内における臼歯部メタルセラミックスの色調再現
1993~:口腔内における個性的な色調の再現法1dayコース
    ・単冠中切歯基本築盛法
    ・単冠中切歯ショルダー多層築盛法
1995~:クリエーション&サプライズの日常臨床への効果的
    応用コース
    ・シェードテイクの再考と限られた情報下でのシェードの
     イメージアップ
    ・ポーセレン築盛実習
    ・サプライズの効果的使用法
1999 :クリエーション1dayコース(単冠2本デモ&実習)
2000 :クリエーション1dayコース
    ~上顎中切歯単冠デモと実習及び
           スライドレクチャーによる実践コース~
2001 :クリエーション2dayコース
    ~上顎中切歯単冠デモと実習の実践コース~ 
1992.07.19  Dr.H.N.Pameijer 
Dr.Pameijer
歯周組織と咬合を考慮したクラウン・ブリッジの臨床
                       (渋谷FORUM8)

1.歯周組織と補綴
2.咬合と補綴
3.審美補綴の現状と未来
4.審美補綴のガイドライン 
日本初講演
1990.09.30 
Mr.Willi Geller  
Willi Geller
ポーセレンワークにおけるオーラルデザイン(サンケイホール)

・スライドによる講演
   オーラルデザイン IRIDESCENT
 ⅰ:オペーク焼成(デモ)
 ⅱ:オペーカスデンティン、サプライズ、ボディ、ステインの
   陶材築盛(1歯づつ異なるシェードにて)
 ⅲ:築盛後焼成
 ⅳ:最終グレーズ仕上げ 
1987.06.06  Dr.Bernard Levin 
Bernard Levin
総義歯セミナー(岩手県水産会館) 
1987~現在  阿部 晴彦 先生 
阿部晴彦先生
総義歯セミナー
・ABE SHILLA-SYSTEMを活用した無歯顎の診査診断から
 総義歯装着までの患者ライブデモと無歯顎と有歯顎
 模型による実習の5ヶ月間コース

 現在 : 東京コースは5ヶ月間の無歯顎・有歯顎コース
                  (主催 ㈱クリエンテス)
      九州コースは4ヶ月間の無歯顎コース 

全国の優良なクリニックの求人情報を掲載しています。

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 株式会社 ハーマンズ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.